実録!家賃滞納から強制退去までの実体験を完全公開

家賃滞納し続けていたら大家さんに強制退去されて、今日から路頭に迷う…

みたいなシーン、たまーにドラマや漫画でありますよね。

だけど家賃滞納による強制退去なんて「リアル」なんでしょうか。

僕は家賃滞納を4か月して、強制退去されました。

ドラマは嘘っぱちです。実際の家賃滞納の強制退去は、もっと騒々しいものでしたよ。

大勢の大人がやってきて、自分の荷物を無理やり没収され、強制退去させれました。

まあなんにせよ、強制退去なんてされない方がいいです。まじで家賃滞納しちゃダメよ。

今日は実際に家賃滞納で強制退去させられちゃった「僕の経験談」を紹介します。

スポンサーリンク

家賃滞納から強制退去をうけるまで

1か月の家賃滞納なら手紙での注意。2カ月家賃滞納では電話で注意。

家賃滞納が3か月にもなると家にくる。

という感じで家賃滞納に対する取り立ては、パワーアップしていきます。

ドンドン増える家賃滞納とともに、日々忍び寄る「強制退去」…。

4カ月分家賃滞納したら、もう取り立てようとはしません。

大家さんサイドは家賃滞納を回収するのを諦めて、一気に強制退去へのシフトしていきます。

大家さんから滞納者にむけて強制退去の手紙がくる

最初は大家さんから「家賃滞納しすぎ。○日までに退去して。じゃないと強制退去ですよ」と手紙が来ます。

しかし、家賃滞納しちゃう人に急な引っ越しなんてできません。

「お金があれば家賃滞納なんてしてないよ!」なんて思いつつ…。

結局、強制退去命令をうけた日を迎えてしまったんです。

ある日突然「強制退去」をにおわせる訴状が来た

強制退去命令日までは毎日鬼のようにかかっていた電話も、その日を過ぎるとピタッとやみます。

「まさか強制退去は解除された?!」「強制退去しなくてすむ…泣」と安心したのもつかの間。

ある日ポストにとんでもない手紙が入っていました。そう、訴状です。裁判所からの。

実は、家賃滞納による強制退去を命じる裁判を大家さんが起こしていたのです。

答弁書を無視したら強制退去までの期間が早まる

訴状には答弁書という「自分の言い分」を書く紙が同封されていました。

「強制退去だけはやめて欲しい」「家賃滞納した分はすこしずつ返済していく」「滞納してすいません」

答弁書に上記のような「言い訳」を書けばよかったのですが・・なぜか当時の僕は何もせず。

裁判の日まで本当に何もせずに、強制退去に対してブルブルおびえていたのです。

もとはいえば家賃滞納した僕が悪いんですが、そうは思わずただ震えていました。

家賃滞納の強制退去がいやなら何か行動しとけば、よかったんですけどね‥‥。

「家賃滞納で強制退去させられそうです。何とかする方法ないですか?」って相談すればよかったです。

そう、「弁護士ドットコム」で…。(まあ後に弁護士ドットコムは使いまくるようになるのですが)

関連記事:無料の法律相談に行く暇があるなら「弁護士ドットコム」を使いなさい

弁護士ドットコムは家賃滞納に関係する質問も、結構掲載されています。

現在進行形で家賃滞納による強制退去を控えた人はぜひ使ってみてください。

家賃滞納裁判にアッサリ負けて強制退去確定

裁判の日から2~3週間後、裁判所からまた手紙がきます。

なんと「判決言い渡し」と見出しが。

アホみたいに強制退去に怯えて何もしなかったので、裁判にあっさり負けてしまった様子。

書かれていたのは「あんたの家賃滞納は4か月。それやばいよ」「滞納者であるあんたの負け」だけ。

家賃滞納で強制退去させられる日にちについては、何もかかれていません。

強制退去日が書かれてないことをいいことに「まだ住んでいていいんだ」と思い、ちょっと安心。愚かな滞納者ですよ、ほんとうに。

まあ・・そんな安心もつかの間だったんですけどね・・。すぐに強制退去の恐怖はやってきます。

その後、「家賃滞納における強制退去のお知らせ」という恐怖の手紙がきて、戦慄することに…。

恐怖の強制退去。荷物はすべて差し押さえ

裁判は強制執行という権利を獲得するためなので、裁判に勝っただけでは何も起こりません。

(本来は判決を受けた時点で、強制退去する前に自主的に退去すべきなんですが。)

(もっと言うと家賃滞納しだした時点でちゃんと支払っていくべきなんですが。)

判決文通りに相手を「強制的に執行」しないといけないのです。

今回の場合、強制執行はイコール強制退去です。

一生忘れない強制退去の日。家賃滞納なんてするもんじゃない。

判決文が来てから数週間後、裁判所の執行官と不動産業者、大家さん、運搬業者が来ました。

「○日までに引っ越さないと、無理やりトラックで荷物運び出しちゃうから」

「まじで強制退去させちゃうよ」「家賃滞納したあんたが悪い」とのこと。

引っ越し代なんてないぞ、どうする・・。もう頭はグルグル、大混乱です。

ちなみに自分の部屋と駐車場に「こいつは家賃滞納者」「後日、強制退去されます」的な張り紙をされます。

ご近所さんに家賃滞納者と大ぴらに張られるわけですから、すぐにでも剝がしたい。

そんな気持ちを見透かしたのか、執行官から「はがしたら捕まるよ」と一言。

はい、家賃滞納した私が悪いのです…泣

家賃滞納から一転。「明日からどうしようか状態」へ

そして迎えた強制退去の日。案の定、何もできていません。

トラックが2台来てドンドン荷物が積み込まれていきます。この様は本当に絶望的ですよ。

没収された荷物は倉庫に保管され、ある日にちまでに回収にいかないと売られるとのこと。

家賃滞納の強制退去は作り話ではない

二時間後にはすべて回収、キレイになりました。そして荷物は倉庫に運ばれていきます。

これで強制退去完了。家賃滞納から7か月ぐらいでの強制退去でした。

数日分の衣服だけ車にのせてるけど、明日からどうしようか状態の完成です。

強制退去ってほんとにするんですね。された後に現実味がおびてきました…。

フィクションの話だったと思ってたんですが、家賃滞納で強制退去はマジでされますよ。

家賃滞納の強制退去はレアなケース?

4か月分の家賃滞納してから3カ月ほどで、強制退去になりました。

今回はすんなり裁判に負けたため3カ月での強制退去でした。

しかし裁判で抵抗したら、家賃滞納から強制退去までの時間は結構稼げるようです。

さらに後で知ったことですが、家賃滞納4カ月で裁判というのは珍しいケースのようです。

管理業者次第で強制退去までの期間は変わる

裁判と強制退去(=強制執行)にはお金がかかるので、家賃滞納を理由にいきなり実行する大家さんはあまりいないんだとか。

「遅れてもいいのでなんとか払ってね」という解決方法が多いらしいのです。

僕みたいにサクサクと、家賃滞納→裁判→強制退去になるケースは珍しいらしい。

どうやら背後に大手の管理業者が付いている場合のみの様子。(実際に裁判も連名で訴えていましたし)

大手不動産業者が管理しているアパートに住んでいて、家賃滞納しているそこの君!

すぐに強制退去にシフトするから気を付けろ!冬の強制退去は堪えるぞ!

家賃滞納で強制退去になった後のエピソードも書いてます。ご一緒にどうぞ。

関連記事:家賃滞納で強制退去されたその後・・家賃を家まで取り立てに来るよ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする