サブタイ詐欺だった「劇場版エグゼイド(夏)」を微ネタバレありで感想・考察・レビュー

「劇場版仮面ライダーエグゼイド トゥルーエンディング」公開初日に見てきました。

今回は劇場版エグゼイドの感想や考察を含めたレビューを書こうかな、と。

劇場版エグゼイドに関する主観バリバリの感想・考察はもちろん、多少ネタバレ入ったレビューなので要注意。

スポンサーリンク

劇場版エグゼイドを公開初日に見に行った結果の感想

おおまかなあらすじなどは、「劇場版エグゼイドの公式サイト」でご確認を。

結論からいいますと、僕は劇場版エグゼイドに「大大大大・大不満」です。

わざわざ公開初日に劇場版エグゼイドを見にべきではなかったと感じています。

それは、なぜか。

だって「トゥルーエンディング」じゃなかったんだもの。

まったく仮面ライダーエグゼイドの「トゥルーエンディング」じゃありません。

劇場版エグゼイドはどう考察したって、堂珍一家の「トゥルーエンディング」でした。

劇場版エグゼイドの感想は一言。「サブタイ詐欺」

サブタイにトゥルーエンディングなんてつくものだから、劇場版はエグゼイドの「真エンド」と勝手に考察して見に行ったんですよ。

テレビシリーズじゃ見せれないシーンがあるとか。

劇場版であらたな謎が解けるとか。

そんな考察を勝手にしてた僕が悪いんですけどね…。

考察は見事に空振り。劇場版エグゼイドに全然そんなシーンは一切ありませんでした。

エグゼイドの本編で普通にやってもいいレベルの話です。OVAレベルの話でもない。

意味深なシーンなども一切なく、作品単体として考察しがいのない作品でした。

考察好きとしては肩透かしでしたよ。龍騎の劇場版とか考察し放題だったんですが‥。

唯一、ビルドの登場シーンは意味深だったので、考察のスキマがありました。

劇場版エグゼイドのどこが「トゥルーエンディング」なのか考察してみた

劇場版エグゼイドにはサブタイに「トゥルーエンディング」ってついていますけど、何が「トゥルーエンディング」なんでしょうか。

劇場から帰る道すがら悶々と考察していたら、それなりに腑に落ちる考えが浮かびました。

ハリケーンニンジャこと堂珍さん一家にとっての「本当に望んだ結果」=「トゥルーエンディング」だったんだな、と。

劇場版エグゼイドにをまだ観てもないのに、たぶん色々と勝手に考察してミスリードしてたんですね、僕は。

主題歌を歌う三浦さんのサイトによると、劇場版エグゼイドは本編の1年後の話らしいんですよ。

三浦:映画は、テレビ版の1年後の真のエンディングを描いた内容になっているので、「EXCITE」と曲の主人公が同じ方がいいと思ったんです。「EXCITE」で描いた主人公がいろんな人に出会って、彼らがいろんなことを経験して成長して、それぞれの思いを胸に自分の人生を彩っていく、それぞれの素晴らしい人生に旅立っていく。そうやってハッピーな大団円を迎える感じがエンディングにふさわしいだろうと思って作りました。

引用元:三浦大知公式サイト

そのうえで考察すれば、ある意味エグゼイドのトゥルーエンディングなんでしょうけど…。

う~…やっぱり納得できない!!だれか納得いく考察材料をください!

劇場版エグゼイドにおける「真エンド」を考察

ノベルゲーム好きな僕からすると、あんなんじゃ真エンドとは納得できないんです。

真エンド=大オチじゃないと。考察しがいのある余韻がないと。

あれじゃ「劇場版仮面ライダーエグゼイド アフターストーリー」の方が正しいですよ。

決して、「真」の「エンディング」ではない。

ただ「トゥルーエンド」って「作品として理想的な終わり方」とか、制作側が提示した”終わり”」って意味があるのも事実。

そう考察してみると、劇場版エグゼイドのサブタイが「トゥルーエンディング」でもそこまで違和感ないんですよね。

僕の勝手に定義した真エンド(=大オチ)じゃないから、納得していないだけなんでしょう。

ちなみに三浦さんの「Life is Beautiful」は、本当に良い曲でした。

エグゼイドを最終回まで見ると評価が変わるかも

エグゼイドは現時点では、完結していません。

完結前に劇場版をみてしまったから、こんなに失望しているのかも。

テレビシリーズが完結した後に振り返ったら、「おおトゥルーエンディングじゃねえか…」と考察できる可能性もゼロじゃないです。

※後日追記※

映画につながる点として、8月13日までのテレビシリーズで以下の事実が判明しています。

  • 黎斗さんのライフ大幅減の理由
  • 黎斗さんが衛生省に軟禁された経緯
  • ニコちゃんが医療の仕事に興味を示したフラグ
  • 貴利矢さんが正式にCR所属のドクターになった件
  • 壇黎斗神になった経緯

これだけの事実が判明しても、やっぱり劇場版エグゼイドはサブタイ詐欺としか考察できません。あくまでも個人的には、ですが。

今のところは劇場版エグゼイドの感想は「失望した」「期待外れ」だったという結論にしておきます。

劇場版エグゼイドに評価できる点はなかったのか考察

散々失望したと書いてますが、劇場版エグゼイドに評価できる点が一つもなかったわけではありません。

ファンなら絶対にクスクスしてしまう絶妙なコメディシーンは、本当に素晴らしかったです。

最近の平成仮面ライダーって寒いコメディシーンが多いんですが、劇場版エグゼイドは違いましたよ。

エグゼイドのテレビシリーズを1年間見てきた人なら、劇場版の「あのシーン」は必ずニヤニヤするはず。

劇場版はラストバトルもかなり力が入っていました。一人称視点の戦闘はかなり新鮮でしたね。

ハイパームテキが、劇場版でもやっぱり無敵だったのも良かったです。

堂珍さんの演技も闇をかかえている感じが良く出てて、ナイスでした。

劇場版とテレビシリーズ1話との対比もなかなか。まんまだったので考察の余地はなかったですが。

まあ・・・劇場版エグゼイドはこのように見ごたえあるシーンが結構あるんです。

「トゥルーエンディング」という言葉に過剰に期待しなければ、良作と言えます。

これから劇場版エグゼイドを見に行く人は、サブタイに変な期待はしないのをオススメします。

仮面ライダーについては他にもこんな記事を書いています。ご一緒にどうぞ。

関連記事:バイオライダーは最強ではない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする