無事故無違反は必然的に運転がうまい

自動車を乗っていて、この人は運転が上手いなという人はたまにいますよね。大抵の場合、そんな人は無事故無違反です。運転が上手くなるための簡単なコツとしては、いかに無事故無違反を意識するかということ。

無事故無違反を志していけば、おのずと運転は上手くなります。運転がへたくそだという人に対して、無事故無違反になるとなるための運転のコツについてご紹介します。

スポンサーリンク

無事故無違反=運転が上手い

無事故無違反をする際にポイントとして挙げられるのは、周りの状況をよく見なければならない、かもしれない運転でいけ、など色々な定説がありますが、これらの方法は別に気にする必要ありません。

全く気にしないでオッケーといえば、嘘なんですがこれが分かっていてもなかなかできないことです。考え事をしていたりすると、周りへの配慮はおろそかになってしまい、不慮の事故などを起こしてしまいがちです。

先ほど無事故無違反は運転の上手さにつながるとお伝えしましたが、無事故無違反をするためには、一緒に乗っている人が快適な運転であるかどうかということを注力すればいいのです。

つまり、ものすごく酔いやすい友人が隣に座っており、その友人を酔わせないためにはどうすればいいのか?という考えのもと運転をすれば、おのずと無事故無違反になり、運転も上手になります。

事故を起こすような運転は素早すぎる車線変更や急発進など、これらが原因で起こることは非常に多いです。また、スピード出しすぎのコーナリングなど挙動があまりにも激しすぎる動きによって事件が引き起こされます。

酔いやすい人からしてみるとこれらの挙動の激しい運転は一気に気持ち悪くなってしまいます。試しに酔いやすい友人を隣に乗せて、運転をしてみてください。

運転が下手もしくは、事故事件や事故などをよく起こすという人はすぐに友人が酔ってしまうと思います。

運転がうまくなるカンタンな方法とは

運転がうまいとよく言われる人が、なぜ運転が上手いのかと言われると、その人の運転だと安心して乗っていられるということです。あまりにもスピード出さずにノロノロ走るのも快適だと思われませんし、運転が上手いとも思えません。

また、事故が起こるかどうかという観点でもノロノロ走ることは決して安全とは言い難いです。車線変更でもらい事故などをもらってしまう時はのろのろ動いてしまう時なので、ある程度その道にあったスピードで走る必要があります。

自分が仲良くなりたいなという女の子が、酔いが回りやすい女の子であれば、劇的に運転が上手くなることでしょう。その女の子に好かれるためには、酔っ払ってもらうわけにいきません。

そのため停車や発進などの挙動などゆっくりし、車線変更もゆっくり確実。またコーナリングもきちんと左側の確認をしながら曲がっていったりと、無事故無違反につながる意識付けをできるようになるでしょう。

いきなり子供が出てくるかもしれないとも思いながら「かもしれない運転」でいけなど、運転をする上での定説は様々あります。

これらの方法でもうまくいかない人は隣に酔いが回りやすい人がいたとき、どうしたらこの人が快適に目的地まで着くことができるだろうかという観点で運転してみてください。おそらく劇的に運転が上手くなると思います。

こんな時は運転をしてはいけない

眠たくて運転が雑になってしまう、お腹がすいて運転が雑になってしまうイライラして運転が雑になってしまうというのは、お隣に酔いそうな人がいたらどうしようなどを超越した事故の要因になります。

これらはどうしょうもないので、少しでも眠気があったりすると、近くのコンビニに止めて十分程度眠るなり、食べるなりすることが必要になってきます。

自分の体調や精神状態が悪いと人に会ったりしませんよね。それと同じで車にも乗らないほうがいいのです。眠たかったり具合が悪かったりしたときに彼女乗せてドライブに行きますか?多分行かないと思います。

こういったときは、先ほどご紹介してきたテクニックを要しても事故に遭ってしまう可能性もあります。運転が雑になってしまい、上手い運転とは、トップいがたい運転になってしまいます。あまりにも体調や気分的にすぐれない場合は運転を控えるようにしましょう。

まとめ

以上、無事故無違反をするためのコツについてご紹介してきました。

無事故無違反をするためには、運転がうまくないといけません。運転が上手くなる方法は、隣に酔いが回りやすい友人を置いてその友人に酔いが回らないようにするためには、どうすればいいかという観点で運転すればいいのです。

車酔いさせないためには急発進をしない、激しい車線変更しない、激しいコーナリングをしないなどの運転にしなければ大丈夫です。それは無事故無違反にもつながってくるため、ぜひ日頃からこの意識で取り組んでみてください。成長するには継続的に行うのが何より大切です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする