【2020年版】今日できる!資本金のかんたんな集め方

独立・起業・副業・仕事術
スポンサーリンク

会社を作るときに重要なのは資本金です。資本金はあればあるほど信用度が増すので、融資等で有利になるのですが、なかなか集めにくいもの。

どうにかして手っ取り早く資本金を集めたいと思っていませんか?

誰かから借金をして資本金にしてしまえ!と思ってるかもしれませんが、それは資本金として認められませんよ。

そこで今回は借金をしなくても資本金を手っ取り早く集めることができる方法について紹介していきます。

今は「1円起業」もできますが、さすがに1円は恥ずかしいと思う人にはタメになる内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

そもそも「資本金」とは?

まず、そもそも資本金とは何なのかを確認しておきます。そんなの知ってるわ!と言う人は飛ばしてもらってもかまいません。

資本金とは以下の今日の定義になります。

・会社のために用意する自己資金
・会社のためにしか使えないお金

個人のお金を会社にあげる感じでしょうか。

どのように使ってもいいですが、資本金は会社の事業のためにしか使えません。そして、どう使ったかを記録する必要があります。

資本金に必要な額は?

必要な資本金の額ですが、特に決まりはありません。1円でもOK。

昔は最低1,000万円(有限会社は300万円)が必要でしたが2006年から1円からでも会社を設立することができるように。

ただし、会社設立費用として10万円〜50万円程度は必要になるので注意してください。

資本金が多いとどうなる?

資本金は売り上げがない時期の会社の運転資金にもなります。多ければそれだけ戦略の幅も広がるでしょう。

また、銀行から融資を受ける際、資本金が多いと信頼性が増すので審査の敷居が下がります。

さらに資本金の額が多いと、取引自体を断られるケースが減ります。

資本金1円などにしておくと「この会社はすぐ潰れるかもしれないな」と思って、大手の企業からは仕事がもらえなくなってしまうことも。

このように資本金は多いほど有利になることが多いので、なるべく用意しておいた方が良いのです。

自分で資本金を用意する方法

では、この記事の本題である「どうやって自分で資本金を用意するのか」を紹介していきましょう。

結論から言います。貯金をしましょう。

コツコツ貯金をして、1年間生会社がやっていけるだけの金額を集めていくのです。

そもそも、コツコツ貯金をしていたからこそ、資本金は大事に扱われます。

貯金をしていない資本金なんて言語道断ですよ!!

…と言いたいところですが、貯金をしていない人は多分にいるでしょう。

貯金をせずに会社を立ち上げたいと衝動にかられる人もいるはず。そんな人はどうすれば良いのでしょうか。

注意!借金は資本金にはならない

とても簡単に思いつく方法としては、借金をすることでしょう。

カードローンの枠でいくらか残っている人は、それを借金して資本金にしたいと思う人もいるはず。しかし、そんな人に残念なお知らせがあります

資本金はあくまでも自己資金。実は借金を流用してはいけません。

知人や親からの借り入れ・公的融資・銀行融資・カードローン・親からの借金はNG。

あくまでも自分の力で、資本金を集める必要があります。

「フリーナンス」を使おう

では一体どうすればいいのか。

ここが本題になりますが、「フリーナンス」と言うサービスを使うのが1番いいです。

あなたの請求書(専門用語で売掛債権と呼びます)を買い取って、その代金を即日、あなたのメインバンクに振り込むしくみです。しかも、あなたの取引先に即日払いの利用は知られません。手数料は請求書額面の3.0%〜、買い取り限度額は最高1000万円まで。あなたがフリーナンス振込専用口座を使えば使うほど手数料は下がり、限度額はあがっていきます。

早い話が「売り上げを先にくれるサービス」です。

それは借金になるのではないかと思う人もいるかもしれませんが、フリーナンスはあくまでも買取。

査定ともいえる審査はありますが、請求書そのものを買い取ってくれるサービスになるので借金にはなりません。

画期的なサービスにかかわらず、あまり知られていないので、ぜひとも知っておいてほしいサービスです。

フリーナンスで200万円調達!

フリーナンスの詳しい使い方は以下の記事で解説していますが、筆者はこのサービスを使って2,000,000円ほど調達しました。

借金でもないので、それを資本金にできるというのも大きい。

さらにもっと凄いのは、これが本日中に手に入るということですね。

11時までに買取の申請を出せば、その日の15時までに入金してくれます。

しかし、、どうせ審査にめちゃくちゃ時間がかかるのでは?と思っていませんか?

実は金額がどれだけ高かろうと、めちゃめちゃ審査は早いです。

私の場合は30分ほどで審査が完了し、その1時間後には振り込みがされていました。

まさに資本金を用意しようと思ったら、今日中に実現できるのです。フリーナンスを使えば。

【注意】売り上げがあがる人しか使えない

ただ1つ残念なのは、きちんと売り上げの見込みが立っていない人でなければ使えないということ。

つまりは、1円も稼げる予定がない人は使えないのです。請求書の買取ですからね。

ただ極論を言えばわ1円も稼げる予定がない人は資本金を用意したところで、すぐに会社が潰れてしまう可能性が高いです。

ある程度売り上げの見込みができた上で、法人を作るのがベストでしょう。

そのような意味でのボーダーラインを設定するためにも、フリーナンスが使えるかどうかと言うのを会社設立の目安にしてもいいかもしれませんね。

最後に知っておいてほしいこと

資本金の金額は自分の銀行の口座に残っている金額によって判断されます。つまりは通帳にお金さえ残っていれば良いわけです。

ですので、、会社の登記に資本金を高く設定したいのであれば、色々と悪知恵が効きます。

早い話、どんな手段でお金を手に入れて入金したとしても登記を容認する側、つまり法務局側がわからないのです。

そのため、資本金は借金を認めることができないと言われていますが、事実上それを取り締まる手段は存在しません。

ですので、もし売り上げが全く立っていない、買取してもらえる請求書が存在しないと言う人は、知人・友人・親からの援助を資本金にしてもいいかもしれませんね。

もちろん、それだけのことをしておいて、成功しなければ意味がありませんし、あなたの信頼はガタ落ちです。

だからこそ、個人的にはある程度売り上げのめどが立った状態で使えるフリーナンスで、資本金を調達することをおすすめします。

売り上げのめどが立つまでは、個人事業主として活動をし、めどが立ってから法人化が良いでしょうね。

以上「【2019年版】今日できる!資本金のかんたんな集め方」でした。

タイトルとURLをコピーしました