自分も虚言癖!?そんな時に取る行動とは?

後の祭り
お知らせ

自分は虚言癖ではないか?

日常生活のなかで、ついつい嘘をついてしまう瞬間ってありますよね。 たとえば、あまり親しくない友人に食事に誘われた時に、「仕事が忙しくて」と断ったり、合コンなどで見栄を張って「海外旅行が趣味です」と言ってみたり。 こんな時って、もしかして自分は虚言癖ではないかと疑いたくなるものですよね。

嘘は誰でもつくもの

ですが、嘘というのは誰でもつくのです。オーバーかもしれませんが、3歳の子供だって100歳の人だって嘘はつくのです。 見分けるには、そこに罪悪感があるかどうかです。 嘘をついたことを申し訳ないと感じているなら、それは虚言癖ではありません。

虚言癖の人は罪悪感を感じない

虚言癖の人は、嘘をついたことに罪悪感はありません。 虚言癖の人は、嘘の中を生きているのです。 いわば、嘘を現実と思っているのです。 虚言癖の人は、実はプライドが高くさみしがり屋の人が多いのです。 自分の知らないことを「知っている」と言ってしまうのも、「知らない」という言葉を使いたくないからなのです。 知らないと言えば、周囲が離れていってしまうと考えている人もいます。
お知らせ

罪悪感を感じない・現実か分からなくなる

嘘をついたぐらいで、自分は虚言癖ではないかと疑うことはありません。 ですが、嘘をついた時に罪悪感を感じなかったり、現実かどうかわからなくなったら注意が必要です。 それは、もしかしたら虚言癖の始まりかもしれません。

虚言癖は信頼を失います

虚言癖というのは、周囲の人を遠ざけてしまいます。 嘘というのはほとんどバレてしまいます。 そして、信頼を失わせてしまいます。もしも自分が虚言癖だったなら、早めに治療するのがいいでしょう。 虚言癖というのは、自力て治すことはかなり難しいです。 なぜなら、嘘は自分を守るためのもので、相手を繋ぎ止めるための1つの手段だからです。 自分から改善するのは、かなり難しいことです。 専門の医療機関に相談して、きちんと治療してもらうことが大切です。
お知らせ

誰かに悩みや話を聞いてもらいたい!

ちなみに、前にご相談を頂いた方へ【利用者満足度93%のオンラインカウンセリング】というサービスを教えましたところ、何度か相談していくうちに改善していくことができたとご報告がありました。 ですのでもしあなたの悩みが解決するなら【利用者満足度93%のオンラインカウンセリング】を利用してみるのもアリだと思います。 メッセージだけのカウンセリング、電話でのカウンセリングなどあなたの相談したい内容に合わせることができる上に、150名以上もの専門家からあなたが選んで悩みを聞いてもらえます。 誰にも知られず、匿名での相談が可能ですので一度、使ってみるのも良いと思います。