手掌多汗症に悩む有名人 あの人はどう対応してるの?

お知らせ
使えるテクニック・知識

世の中には汗っかきの人はたくさんいますが、脇汗だけでなく、手掌(手のひらのこと)に異常に汗をかき日常生活で困っている方がいます。

ジワっと湿っぽくなる手のひら。

症状が症状だけに、自分でも気持ちが悪いのはもちろんのこと、他人にどう思われているのだろうか、不快に思われているのでは…と考えると辛いですね。

実は意外とあなたの知っている有名人の方々もこの症状で悩んでいる人は多いのだそうです。

TVや人前に出る仕事柄、その悩みは人一倍でしょう。

同じような悩みを持っている有名人たちは、いったいどうやってその症状をやりくりしているのか知りたくありませんか?

当記事で、手掌の異常な汗に悩むあなたのために、いったいどうしてこういう症状が起こるのか、どういう対応策があるのかを有名人・芸能人の体験や医師のコメントを交えながら解説します。

ぜひご覧ください。

お知らせ
 

関連人気記事:職場にいる臭い人を傷つけずにニオイ対策する3つの方法とは?

お知らせ

「手掌(しゅしょう)多汗症」という病気

ごく普通の健康体であるのにもかかわらず、手掌に異常なほど汗をかく人がいます。

「汗っかき」という言葉でかたづけてしまい、本人的にはまさか病気だろうという認識はないでしょう。

実はこれ、「手掌多汗症」という汗の病気の一つと言われています。

病気というにはやや大げさな感がありますが、病態があるなら治療法もあります。

有名人とまではいかなくても、職場、学校、友達、恋人、そして家族との接点がある以上、周りに病気であることの理解を得る、そして病気に対処していくということも必要になってきますね。

自分で病気であることを認識し、あらかじめ対策を練っておけば、差別・誤解・イジメにも堂々と対応できますよ。

 

お知らせ

「手掌多汗症」の症状

職場いじめ 人間不信

周りの気温や運動の有無に関係なく手のひらに汗をたくさんかく病気です。

日本では100人に1人の人が滴り落ちるほどの汗に苦しんでいるそうで、病院に治療に来るのは主に10代~30代の方々が多いとされています。

 

そもそもヒトが汗をかく原因は脳や臓器を熱から守るための「温熱性発汗」と、緊張やストレスからくる「精神性発汗」に分けられます。

「手掌多汗症」は「精神性発汗」に分類。

つまり、緊張・ストレスがきっかけになっている可能性が大きいということ。

ただそれにも個人差があり、それほどの緊張状態でなくても多量の汗で苦しむ人もいます。

 

手掌の汗のかきかたにもレベルがあります。

『何となく湿っぽい程度⇒目で見てわかるほどの水滴が出る⇒ポタポタ滴り落ちるほどの汗』という3つのレベルがあるのだそう。

重度になると日常生活に支障が出てくるだろうな、というのは容易に想像がつきますね。

例えばこんな時に困るのではないかと・・・

 

✓人と握手や手がつなげない。

✓仕事の大切な書類・テスト用紙が濡れてヨレヨレに…。消しゴムで消そうとすると破れてしまう。濡れているので鉛筆の文字が書きにくい。

✓友人にちょっと借りた(貸した)もの、ラケット・筆記用具など手に握るものが湿っぽくなっているので気持ち悪がられる。

✓郵便物など業務で配達するものを濡らしてしまう。

✓車や自転車のハンドルが滑って危ない。

✓体育の授業で鉄棒が滑る、バスケでボールがグリップしにくいなど。

✓スマホのタッチパネルが上手く反応しない。

 

これでは、余計にストレスは増すばかり。放置しておくのは悪循環ですね。

治療もこのレベルにあわせて施されます。

眠っている間は少なく、日中多くなるのが特徴なのだそう。

 

お知らせ

 「手掌多汗症」に悩む有名人

「手掌多汗症」に悩む有名人・芸能人の体験談から対策をリサーチしてみました。

 

■皮膚科の治療【手術】~アイデンティティ(お笑いコンビ)の見浦彰彦さんの場合~

 

営業のサイン会で色紙を濡らしてしまったことをきっかけに、相方から手術を提案される。『背骨にある交感神経を焼き切る事によりほぼ100%発汗を抑える事ができる』いうことで、手術を受けます。

 

その後手掌の汗はおさまりましたが、手術には「代償性発汗」という副作用が。

それは『手掌の汗を抑えるかわりに軽い運動で胸、背中から汗をかく』というもの。

手術を受けた約9割の人に表れるとは言われましたが、見浦彰彦さんの場合かなり副作用の症状が強く出た、との事。

 

ただ、仕事上手掌多汗症で悩んでいた人ほど手汗が抑えられたことは副作用に勝るメリットはあったのかもしれません。

見浦彰彦さんのTwitterでも、「『ザ!世界仰天ニュース』で自分の手掌多汗症を取り上げてもらうことで、同じようなことで苦しんでいる人たちに共感してもらえてよかった、手汗のストレスがなくなり手術を受けて本当に良かった」と発信していますね。

 

■緊張を克服する ~福山雅治さんの場合~

 

俳優・歌手として幅広く活躍されている福山雅治さん。

実は初対面の人にはとても緊張するのだそうで人見知りな一面があるのだとか。

映画で初対面の共演者の方にも挨拶だけはするものの、緊張してそれ以外話ができなかったというエピソードも披露されています。

意外ですね。

 

手掌多汗症の原因は緊張によるものが大きいとされていますから、こういうタイプに人にはあり得るのかもしれませんね。

そこで、福山さんは緊張をおさえようとするのではなく、逆に楽しむように心がけているのだそう。

“左手の薬指を右手でギュッと握りしめる”と福山さん的には緊張が和らぐのだそうです。

 

人見知りで自分を人がどう感じているかすごく気になる、人の前では緊張して手汗がすごい、といった告白をしている有名人は実は福山さんだけでなく、他にも結構いらっしゃいます。

広瀬すずさん、「魔女の宅急便」で主人公キキを演じた小芝風花さん、ある時から人が怖くなり人と触れるだけで異常なほど汗が出るようになったとTwitterでつぶやいている元AKB48の森杏奈さんなど、他にも手汗に悩む有名人はたくさんいらっしゃいます。

 

「代償性発汗」という副作用があっても、手汗が抑えられる生活を求めて手術を選択し満足する方もいれば、自分なりの手汗克服の工夫をツイートしている一般の方々もたくさんおられます。

制汗スプレー、タオル、バスケやボルダリングなどスポーツをするときに手に滑り止めのローションを塗るなど。

なお、脇汗と異なり手汗そのものは臭わないのですが、細菌や皮脂とミックスしてあの悪臭に変わっていくのです。

手を清潔に保つことも大切ですね。

 

お知らせ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

多くの有名人・芸能人が「手掌多汗症」を様々なメディアでカミングアウトしているので、同じような悩みを抱えた方は共感できる、私だけではない、と大きな反響を呼んでいます。

これは病気です。

悩んでいるくらいなら放置せず、どういうレベルでの治療が必要なのか、皮膚科に一度相談するという選択肢もあり、ということですね。