短文SEOは成立するのか検証してみた

SEO対策

「長文SEO」って聞いたことありますか?

記事を長く書けば書くほどSEO対策になるってやつです。

SEOに効果があると分かってても、やっぱ短文の方がいいですよね?

短文の方が楽ですもん。

というわけで、今回は短文SEOが成立するのか僕なりに検証してみました。

お知らせ

結論・短文SEOは成立する

見出しに先に書いちゃいましたけど、短文SEOは成立すると思います。

ここでいう「短文」とは1000字以内の記事を指しますが、短文SEOは明らかに成立するでしょう。

ただし、ドメインパワーがあれば、の話ですが。

色んなサイトから被リンクを得まくっているサイト、またはPV数が100万以上のサイトだけが短文SEOが成立すると思われます。

お知らせ

弱小ブログが短文SEOを成立させるには

短文で上位表示されたいなら、自分のサイトよりもSEO的に弱いサイトしかいないキーワードで勝負するしかないですね。

ドメインパワーがあるサイトとキーワードが競合したら、とてもじゃないですけど短文SEOは成立しないです。

そもそもビッグキーワードやミドルキーワードは月間PV数50万近くのサイトがうろうろしてます。

短文SEOでなんとかしようと思っても、多分無理でしょうね。

だからこそ世間では長文SEOが有効と言われているんです。

お知らせ

短文SEOで勝てる相手の探し方

どうしても短文SEOで上位表示したいなら、ザコサイトがひしめき合うキーワードで勝ち残るしかありません。

自分よりもドメインパワーがあるかないかは「similarweb」で調べるといいでしょう。

similarwebは他サイトのPV数がわかるサイトです。

短文SEOで1位にしたいキーワードで現在1位のサイトをsimilarwebにかけてみましょう。

自分のサイトよりもPV数が少ないなら、短文SEOで勝てる可能性大です。

お知らせ

短文SEOはただの自己満足?

弱小ブログが短文SEOで上位表示できても、サイトそのもののPV数が上がりはしません。

やっぱ月間検索数が500以上あるミドルキーワードじゃないと意味ないんですよね…

短文SEOで1位とれても、ただの自己満足で終わります。

ミドルキーワードになると短文SEOは絶対成立しないですよ。

少なくとも2000字はいります。

「全保連 審査」ってミドルキーワードがとれた以下の記事も2000字以上ありますからね。

関連記事:全保連の審査について知るべき3つのポイント

あ〜サクっとドメインパワーあがってくれないかな…。

そしたら短文SEO無双できるのに。

ちなみにこの記事の文字数は1050字です。