素直な自分になる、理想に近づくための方法②

後の祭り

前回の記事を読んだ方も、読んでない方も、
こんにちは、ノブヒロです。

まだ前回を読んでない方は必ず読んでから、
今回の記事を読んでくださいね。

前回、理想の自分と、今の現実のギャップを嘘で埋めてしまう。
というお話をしました。

再度わかりやすい例を言うと、

例えば「モテモテな自分」という理想像があるとして、
今現在、恋愛経験が少ない場合、

つい「今まで○○人と付き合っていた。」と人数をごまかして、
まるで今の自分が理想の自分であるかのように見せてしまう。

「セレブな自分」が理想の自分の場合。
行ったことのない高級レストランの話になると、
「私行ったことある!」「食べたことある!」と嘘をいって、
まるで自分がセレブな自分であるかのように振る舞う・・・。

こういう例ですね。

きつい言葉になると思いますが、
それを続けている限りは、素直になることはできませんし、
理想を叶える事は難しいと思います。

じゃあ、どうやったら素直になって、
そして理想の自分に近づけるのか?

今回は、その為の方法をお話していきます。

理想に近づくためには?

3406746692_a04b303488_o理想の自分に近づきたい。
今の自分のままではいけない。

みなさん、そういった想いは何かしら絶対あると思います。

そして、

でも、近づけない。
今の自分から変われない。

という現実に苦しんでいる方もいらっしゃると思います。

そこで1つ、ご質問です。

そもそも、自分がどんな自分になりたいか。
具体的にイメージしていますか?

どんな歩き方をしていますか?
どんな言葉を使っていますか?
どんな服を着ていますか?
お金は○○円ぐらい持っていますか?
どんな人と付き合っていますか?
etc

実は多くの人が、自分のなりたいゴールを、
意外としっかりわかってなかったりします。

漠然と、
「お金が欲しいなぁ。」
「楽な仕事したいなぁ。」
「こんな恋人がいたらいいなぁ。」

と考えていませんか?

まず、理想の自分に近づくためには、
そもそも理想の自分を明確にしておく必要があるんです。

簡単に言うと、ゴールを設定していないといけないんですよ。

b207ad0aa9fc7aa00b2a326972acc13a_s

仕事でも何でもそうだと思いますが、

例えば営業職なんかだと、「1日にこれぐらいの数字を取ってこい!」と、
その日の目標があったりしますよね。

工場などでも、1日の生産数があると思います。

教育の世界でも、子どもの学習目標がありますよね。

このようにゴールがないと、
それに向かって、どう近づいていけばいいのかが、
そもそも決めれないんですよ。

だから、ただ漠然とイメージして、
每日を過ごしてしまうんですね。

これは私がコンサルをする際は、
必ず皆さんにやっていただいています。

それだけ本当に重要な要素だからです。

もし今これを読んで、
「自分がどうなりたいか、しっかり考えていなかった。」
なんて思った方がいたら、

是非一度、時間がある時に、
紙に、自分の理想を書き出してみてください。

それも出来る限り具体的に書いてくださいね。

ただ、「素直になりたい。」だけでは弱いです。
「素直になって、好きな人に本音で向き合えるようになりたい。」
「素直になって、友達から信頼されるようになりたい。」

と、ともかく具体的にしていきましょう。

まずは、それが素直になるための第1歩ですよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

まずは是非実践してみてくださいね。

やり方がわからなかったり、どうすればいいかわからない時は、
気軽にお問合せください。