スマホ料金延滞で回線が止まった時をしのぐ3つのテクニック

お金がないと、食費などの生命に直結する費用以外は、どうしても後回しになりがちです。

携帯電話の支払いもそのうちのひとつ。わりとすぐに延滞してしまいます。

延滞1ヶ月すると無慈悲に回線を止められ、メールも電話も使用不可に。

仕事をする上でもメールと電話は重要なので、なんとかしたいですよね。

今回は携帯の回線を止められても、通話や電話をするためのテクニックを紹介します。

スポンサーリンク

スマホ料金延滞で利用停止になり解約になるまで

スマホの支払いを期日から遅れると、その3日後ぐらいには回線が完全に停止します。

回線が停止すると言っても、こちらからのメールや電話ができなくなるだけ。

実は相手から送られてくるメールや電話は、普通に受けることができます。

そのため、自分から使わないなら、支払いができるまでそのまま放置でいいかもしれません。

利用料金を数ヶ月滞納になると強制解約という処置を取られます。

結果、使っていた電話番号とメールアドレスは消滅。

そうなると電話も受けられませんし、メールも受信できないただのwifi専用スマホです。

目的地近くのwifi環境を事前に知っておくべき

回線が利用停止になろうが、解約になろうがスマホには便利な機能が残されています。

それはwifi受信機能。wifiの環境さえあればインターネットには繋げられることができます。

インターネットにつなぐことができれば、実は電話だってメールだってできます。

そう、回線が止められても全然スマホとして機能するのです。

問題はどこのwifiにつなぐか。家にwifi環境があればいいですが、外に出なければOKです。

どうしても外で電話するなら、近くにwifi環境を事前に把握してないといけません。

wifiがないとググることもできませんので。

外出する時は、目的地の近くに環境があるかチェックしておきましょう。

いろいろ都合のいい「050 plus」で電話をかける

Wi-Fi回線だけで電話をかける方法はたった1つです。それは「IP電話」を使うこと。

IP電話とはWi-Fiの環境さえあればかけられる電話です。

IP電話には様々な種類がありますが、中でもオススメなのは「050 plus」。

NTTが提供するスマホ用のアプリです。

これを利用するためにはクレジットカードが必要になります。

審査なしで誰でも使える「Vプリカ」やデビットカードでも登録ができますよ。

利用料は一般の携帯の数分の1で、値段もかなり安く音質もいいです。

図書館やマクドナルドなどのWi-Fiでも、非常に音質良く電話をかけることができます。

電話番号別に持つことができるので、電話番号がもう一つ欲しいなぁと言う人にもオススメ。

クレカを用意しておけば、申し込みからすぐに利用できるのもポイントの1つです。

メールをする手段はわりとたくさんある

電話ができるようになれば、後はメールだけです。

Wi-Fi環境のメールはiPhoneの場合だとiMessageやiCloudメールを使うことができます。

iMessageは相手がiPhoneの場合のみ使える機能。

iCloudメールは相手がiPhoneだろうがアンドロイドだろうがパソコンだろうが使えます。

iPhoneならばこの2つさえ使えるようにしておけば、メールも問題ないでしょう。

Androidの場合はLINEに頼ることになるでしょうね。

割りと勘違いされがちですが、LINEもWi-Fi環境だけで動作します。

あとがき

スマホの回線が止まった場合でも、電話とメールはWi-Fiさえあれば使うことができます。

Wi-Fi機能は強制解約となった場合でも使えます。

もっと言うと、全く契約してない中古スマホを買ってきても電話とメールはできるのです。

海外のように街中どこでもWi-Fi環境なればいいんですけどね・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする