読めば人生が変わる!おすすめの本をこっそり紹介しよう

気持ちの問題
スポンサーリンク

私も色々な本を読みましたが、これ1冊を読んで人生が変わったと思う本にはまだ出会っていないです。

本を読みたいと思えば、どんな本でも有益な情報が詰まっているはずです。

  • ご自分が興味のある分野
  • 人物の伝記
  • 自己啓発本
  • 題名を見て面白そうな本
  • ベストセラー

など、選択肢はたくさんあります。

また、本を読むのが苦手という方には、オーディオブックで耳から朗読を聞くことも出来ますし、最近は電子ブックでスマホで読むのも可能です。

電車通勤、休み時間などのちょっとしたすき間時間に、心のすき間を埋めるのにいいかもしれません。

ここでは、色々な分野からピックアップしたお勧めしたい本をご紹介しますね。

読めば人生が変わる!おすすめの本をこっそり紹介しよう
私も色々な本を読みましたが、これ1冊を読んで人生が変わったと思う本にはまだ出会っていないです。 本を読みたいと思えば、どんな本でも有益な情報が詰まっているはずです。 ご自分が興味のある分野 人物の伝記 自己啓発本...
スポンサーリンク

「人生の主役は私」LETS(リビング・エディターズ・トレーニングシステム)監修 リビング暮らしHOW研究所刊

これはライターやエディターを養成するフリーペーパーのリビング新聞のサポート機関10周年記念としてまとめられたものです。

公募したエッセイ(「私の転機」)やインタビューなども盛り込まれ、企画の段階から受講生や修了生が関わって作り上げられました。

内容はまさに転機を迎えた様々な年齢の方々の経験が書かれています。

  • アイデアを生かして起業した女性
  • 新聞に戦争体験を投稿後、各地を講演して回ることになった80代の女性
中でも大賞受賞された、短大を出て就職し結婚後、科学館で見た遺伝子が壊れて同性愛になったショウジョウバエを見て興味を持ったのが切っ掛けで大学に入り直し、卒業後はがんなどの研究をされている女性には目を見張る思いがしたし、どれを読んでも元気をもらえます。

転機をがっつりと掴んで前へ進むたくましい女性の体験談は圧巻です。

「竜馬がゆく」 司馬遼太郎著 文芸春秋社

長編歴史小説で、何度もテレビドラマや映画になった有名な作品です。

歴史が好きな方ならば、幕末の志士坂本龍馬をご存じない方はいないと思います。

複雑な土佐藩の侍階級のなかでも郷士という下級の武士の家、しかし本家は大金持ちという環境に生まれた竜馬は、当時の侍階級が持つ価値観や規律を飛び越えた自由な発想を持った人でした。

そしてそれを生かして明治維新の大きな動きを作っていきました。

ぎりぎりで暗殺されてしまい、明治維新に立ち会えずに忘れられた存在でしたが、司馬氏の筆により生き生きとよみがえって今日に至ります。

自由奔放な竜馬の魅力にはまるのもいいし、幕末、明治維新に興味を持って色々な関連本を読みあさるようになって人生変わって歴史ファンになるという変わり方もいいと思います。

「人生を変える「繋がりの法則」-人脈から一歩その先へ」藤本 真衣 著

この本は著者の実体験を元に書かれたものです。

著者が人と人との関わりをどう考えて、どう作って来たかが書かれているのですが、それは決して難しくないし、技術も必要ないのです。

ほんのちょっとした気遣いや行動、気持ちの持ち方で、人との関わり方は変わって来るものなんですね。

この本を読むことでこれからの人生が豊かになり、ポジティブに人との出会いを考えられるようになります。

「ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣」 本田健著 だいわ文庫

この本は、アメリカ人の老富豪と日本人青年の出会いと成長の物語です。

お金の本なんだけれど、これからの人生を豊かに生きていくためのヒントがたくさん書いてあるということで、評判の作品です。

  • お金の法則を学ぶ
  • 失敗とうまくつき合う
  • スピーチの天才になる
  • 人脈を使いこなす
  • 自分のビジネスをもつ

などなど、自己啓発本には珍しくない内容でも、実際に出会った人物がちょっと脚色してある程度だということで、実在した大富豪の人柄が出ているように思えました。

人間関係・仕事・お金の使い方や作り方など、色々な面で気付きが得られる本です。

この本を読んだ後、お金や人間関係で人生が変わるかもしれないですね。

「頑張るのをやめると豊かさはやってくる」 アラン・コーエン著

この本は話題になったベストセラー本である「こころのチキンスープ」の共著者のアラン・コーエン著で、翻訳は本田健氏です。

この本は、がんばるだけがんばったけど、やっぱりどうしていいかわからなくなった人には最適です。

読者に、心を楽にして頑張りすぎないようにして、なおかつ富と幸せを手に入れるという、心癒される法則をアドバイスしています。

実戦的にリラックスする方法も、実例を挙げてわかりやすく紹介してあります。

リラックスすればするほど豊かさは手に入るのだということで、豊かさに関する考え方が変わって来るかもしれません。

「新版 ずっとやりたかったことを、やりなさい」ジュリア・キャメロン著 サンマーク出版

この本には、やりたかったことをやるための課題が具体的に載っています。

  • 毎朝起きたとき、思ったことや頭に浮かんだことをそのままノートに書き写す「モーニング・ページ」
  • ひとりになって好きなことをする時間を週に2時間ほど設ける「アーティスト・デート」

2つの課題が基本で、他にも様々な課題が提案されていてわかりやすいです。

これだけ書いてあれば実践するのみ、そして続けるだけです。

今までやりたかったけれど諦めていたこと、知らず知らずのうちに封印してしまっていた本来の自分を蘇らせることができて、気が付かなかったストレスから解放されるでしょう。

まさに挑戦することに早い遅いはないということで、本気で何かを変えたいと願う読者がこの本を読めば人生が変わるかもしれません。

「やり抜く人の9つの習慣 コロンビア大学の成功の科学」ハイディ・グラント・ハルバーソン 著

アメリカでは、読者の間で「お宝本」として話題を呼んだ本です。

心理学で証明された正しい目標達成方法だけが、豊富に無駄なく詰まっている本なのです。

しかもそれはすぐに実行できる考え方なので、達成したいことがあればこの本を参考にすれば、確実に早く達成できるということなんです。

成功とは生まれつきの才能で決まるものではなく、成功する人には共通の思考や行動のパターンがあるということで、多くの心理学者による数々の実験と、著者自身の研究成果として証明されている「心理学的に正しい目標達成の方法」がシンプルでわかりやすくまとまっているのです。

この本にある通りに実践したら、目標達成する時間が短くなり人生が変わると思います。

「好きなこと」だけして生きていく。 ガマンが人生を閉じ込める 」心屋 仁之助 著

この本は、題名の通りに、誰でもが好きなことだけをしてもお金にも困らないし、もっと自由に生きることが可能だと教えてくれる本です。

19年間会社員を勤めた後に、今はカウンセラーとして自由と豊かさを得た著者の心屋氏が、その人なりに「好きなことだけをして生きていく」方法を紹介しています。

  • 「“努力=報われる”ではない」
  • 「人生は、本当は上りのエスカレーター」
  • 「好きなように生きることに罪悪感を感じる必要はない」
  • 「やりたくないことをやめる」
  • 「人に迷惑をかけたり、嫌われることを恐れない」
  • 「好きなことをして生きるためには、“一番嫌なあること”をする」

などといった、すぐに実践できそうな具体的な方法が載っています。

心が弱っている人や、我慢している人、精神的にも肉体的にも疲れている人が読むと元気をもらえる本だと思います。

ひとつひとつの言葉が自分自身の栄養になり、人生が変わること請け合いです。

404 NOT FOUND | 毎日が後の祭り
何事も実験してみないと、わからない。

まとめ

色々な自己啓発本はどれも同じようなものと思ってしまいがちです。

  • 歴史の本
  • 料理の本
  • 詩集
  • 絵本
  • 漫画

何であっても、ご自分の直感を信じてぴんと来て選んだ本は、読んだ後に人生が変わるほどでなくても、人生が前へ進むきっかけをつかむ何かが得られるはずです。

ここに挙げた本が、あなたに有意義な人生をもたらすために必要な情報となれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました