人生失敗したと絶望した時の対処法

後の祭り
スポンサーリンク

人間生きていれば色々なことがありますよね。

  • 受験に失敗して第一志望に入れなかった
  • 第一志望の会社に就職できなかった
  • 結婚したいと思った相手に振られた
  • 大病をした
  • 会社で大きなミスを犯した
  • 結婚相手が浮気した
  • モラハラだった
  • 嫁姑問題
  • せっかく建てたマイホームのご近所の人がひどい人だった

そして今まで人生が順調に来た人ほど、ちょっとしたことで人生を失敗したと思いこんでしまうことが多いです。

また、真面目な人ほどごまかしがきかないというか、いい加減なところがないので、ちょっとした失敗だけで立ち直れないほどショックを受けたりしがちで、打たれ弱いものなんですね。

はやく挽回しないといけないと焦って色々しなくていいことをしてしまい、かえって物事を悪くしてしまったり、また、失敗しちゃったどうしようと、素直にまわりに話して助けを求めずに、黙って隠してしまったために、はやく対処していればこんなことにならなかったのにという、取り返しのつかないことにしてしまいがちです。

ここでは、そういうことにならないように、大きな失敗をしたときの対処法について考えていきましょう。

スポンサーリンク

もっとも重要なことは・・・

人生を失敗したと思うほど大きな失敗をしたときは、精神的にショックを受けてしまっていることが多いです。

すぐに大事な決断をせず、深呼吸に始まって、一息入れる、一晩ぐっすり眠るとか、お茶を飲む、何か食べるなどして落ち着くことが大事です。

そして少し気持ちに余裕をもてる状態になれば、落ち着いて原因や対処法を考えたりできるし、良いアイデアも浮かぶし考えもまとめることが出来るので、それから対処することが必要でしょう。

まず落ち着きを取り戻して、それから原因を考え、何を失ったのか取り戻せることはないかなど考えることで、立て直すプランを立てることが出来るはずです。

人生を失敗したと思うほどの大失敗でも、取り戻せるものは必ずあるはずだし、原因をしっかり突き止めておけば、少なくとも同じ失敗を繰り返さないことになります。

例えば、結婚相手の選び方を失敗したとか、家を建てるのを失敗したなどについても、二度と同じ失敗をしないことは大事なキーポイントでしょう。

そして次は失敗した人生を取り戻すために、気力や体力を養いましょう。

人生をやり直す方法を検索してみたりして、気持ちを切り替えて人生を新しくやり直す努力をして、新しい人生のスタートにフォーカスすることをおすすめします。

人生を失敗したと思うときの対処法

休息を取ってゆったり過ごしてみる

大失敗して精神的に参ってしまうと、引きこもりがちになったりして立ち上がる気力がなくなることが多いです。

そういうときは無理に動いたりせずに、体を休めてゆっくり立ち止まりましょう。

気が動転していたりして眠れそうにないかもしれませんが、とにかくベッドや布団に入って横になるだけでも体の休息になるし、ぐっすりと睡眠をとることで、気力も回復して頭も働くようになり、冷静になって自分の失敗を客観的に見ることができるようになり、解決法も浮かんだりするようになるものです。

また、腹が減っては戦は出来ぬというとおり、きちんと食事をとること、そしてゆっくりとお風呂に入ったり、快適な気温の部屋でリラックスすることで、失敗したショックで失われていた気力を取り戻すことが出来るはずです。

まず疲れた体をいたわって、それから失敗を取り返すのが肝心です。

失敗の原因を考えてみる

人生に失敗したと思うほどの大失敗ですから、なるべく思い出したくもないかもしれない、向き合うことは難しいかもしれないけれど、やはりなぜこうなったかという原因を考えることは必要です。

例えば、結婚に失敗、離婚したとして、離婚の原因となることが、交際中も相手の態度にあらわれていて、性格が合わないように思えたけれど、顔が好きなタイプだったからとか、条件が良かったなどで見て見ぬふりをしていたが、結婚してみるとそれがあからさまになった、それが関係破城、離婚の原因になったということがわかれば、次に恋愛やお見合いをしたときには、気になったことについて見て見ぬふりをしてはいけない、これが結婚生活で重要なことだということで、同じような間違いをしてまた結婚に失敗することがなくなる、という具合です。

また、そうなってしまうまでにどこかでやり直すことが出来ただろうか、ということを振り返って考えてみるのも重要でしょう。

人生で失ったものを考えてみる

人生を失敗したと思うほどの大失敗ですから、色々な面でかなりの打撃を受けたことは間違いないにしても、具体的に何を失ったのかを冷静に考えることも必要でしょう。

そうやって整理整頓していくと、取り返しのつかないこともあるでしょうが、いつかまた取り返せるものも見えてくるはずなので、その後の人生の再出発、やり直すためにこの作業はおすすめです。

これは頭の中で考えるよりも、やはりノートやパソコンなどで文字に起こして書き出して一つ一つ確認することで、より明確になるのでお勧めです。

気力、体力を養う

人生に失敗したと思うときは、失敗した時点で立ち止まって考えた後に、もう一度自分と向き合って、人生をやり直そうと思う気力を養うことです。

こうなってしまえば、どうしても気分が落ち込んでやる気もなくなってしまうもので、絶望感、もうどうなってもいいという気持ちは半端じゃないでしょう。

しかし、ここで自分を捨ててはいけない、気力をとり戻せば、人生をやり直したり、巻き返したりする方法が浮かんできたりするのです。

気力を充実させることで自分を奮い立たせて、やり直しをはかることで事態が変わって来るのですね。

また、これから人生をやり直しするのに必要なので体を鍛えて体力をつけることもおすすめです。

気分が落ち込んだときにジョギングしたり、ジム通いしたりして体を動かすことで気分転換になって、前向きな気持ちになって良いアイデアが浮かぶこともあるし、人生をやり直すための出会いがあることも。

もう一度やり直すプランを考えてみる

人生に失敗したと思うとき、休息をとってその原因や失ったものを考えてみて、そして気力を充実させたら、もう一度やり直すためのプランを考えてみましょう。

こういうときは、だいたい社会的、金銭的に落ち込んでいることが多いですが、冷静になって人生やり直す、再出発について考えてみるのですね。

転職、転居も視野に入れて、別の土地に引っ越して一から新しいスタートを切ってやり直すか、思い切って海外移住してみるとか、今いるところで再出発できるか、出来る範囲で色々なプランを立ててみることで、立ち直るきっかけになるアイデアが浮かぶこともあります。

まとめ

人生に失敗したと思うときは絶望感に浸っていることなく、

  • 焦らずに深呼吸して気持ちを落ち着けて、まず休息をとること。
  • 絶対に同じ失敗を繰り返さないために原因について考えてみること。
  • 失ったもの、取り戻せるものを整理してみること。
  • 気力、体力を養ってから、人生をやり直すプランを立てること。

失敗は取り返しがつかないかもしれないけれど、少なくとも同じ失敗を繰り返さず、失敗したことで得たことを次に生かしてやり直せば、次は成功するチャンスが出来る、そう思うと俄然やる気が湧いてくるのが人間なのですよね。

以上「人生失敗したと絶望した時の対処法」でした。

タイトルとURLをコピーしました