正しい「営業マンのサボり方」を今すぐ身につけよ

営業マンの醍醐味といえば、「サボり」ですよね。

ノルマやお客さんとの打ち合わせなど、面倒くさいことはたくさんある営業マン。

たった一つ残された最大の利点が、外に出てサボりができる点です。

通常の会社員では絶対にありえない「外出」を利用すれば、充実したサボりができます。

70分しかサボりが出来ていない営業マンもいるらしいですけど、もったいないですよ!

今回は営業マンのうまいサボり方についてご紹介します。

スポンサーリンク

サボり知らずの営業マンなんていない

内勤さんは、営業マンがが一体どのような動きをしているのか想像つかない人も多いでしょう。

営業マンは朝の会議が終われば、お客さんのもとに行って売込みをしたり、打ち合わせをしています。

通常の会社員によくありがちな会社にこもりっきりではなく、外に出ることができるのです。

それを悪用してか、営業マンのほぼ99%が「サボり」をしています。

外に出てる間、きっちりと仕事をしているわけではありません。

外出時間の8割はサボり行為をしています。

サボった方が結果が出る人も実際にいますし、結果よければ全てよしなのです。

サボり方を知らない営業マンは損している

ただ、営業マンの中ではサボり方がへたくそな人がいます。

そんなサボり方をしていれば、すぐに会社にばれるぞという人が多いのです。

うまく仕事をサボるためにはどのようにしてすればいいのか、具体的なコツを紹介していきましょう。

サボりたいなら会社支給携帯を攻略せよ

営業マンのサボりがバレやすいのは電話です。

営業マンは会社から支給された携帯電話を持っていると思います。

会社携帯の扱いについてナメすぎている営業マンが多いのです。

スマートフォンを使っているのであればGPS 機能が搭載されています。

快適にサボるためにも、追跡をされていないかどうかしっかりと確認しておくべきでしょう。

会社の売り上げがあがったので追跡している会社はすでに存在しています。

まじで監視されていますからね、本当に気をつけてください。

営業マンのサボりがバレる携帯はスマホ

スマホのGPS 機能で営業マンがどこにいるか把握している会社は実際にあります

あなたが知らないうちに、今あなたがどこにいるのかバレてしまっているのです。

どうしても居場所を知られたくないサボりをするなら、携帯の電源は切ったほうがいいでしょう。

会社には「充電が切れた」等の言い訳をすればOKです。

GPS で追跡できる機能を持ってるのは大抵の場合、会社支給のスマホの場合です。

サボりたいなら、会社携帯がスマホの場合は気をつけた方がいいでしょう。

一般用のアプリでも追跡アプリがあるぐらいですから、要注意ですよ。

営業マンのサボりがバレてしまう実例

また電話をしている時も注意が必要です。これにも無頓着な人が多いのです。

会社から電話かかってきた時、周りの音について全く気にしていません。

営業マンはパチンコでよくサボりがちです。

パチンコ最中に電話に出ていますが、これであまりにもサボりがモロバレです。

家でのんびりしている人も中に見かけますが、家で電話をかけてるから大丈夫というわけではありません。

家で電話をかけていると、周りの音が静か過ぎるのです。

車に乗っている時や外にいる時と家では、自分の声のこもりかたも違いますので、家にいると一発でバレてしまいます。

会社から電話かかった時は、車に乗り込むなり、外に出るなりして電話に出なければ、すぐに自分がサボり中だとばれてしまうでしょう。

営業中のサボりを絶対バレないようにするには

会社の営業マンはあなただけではありません。他の営業マンもたくさんいます。

営業マン同士、サボりを共有するのもいいかもしれませんが、いつか裏切りにあうということを覚悟しなければなりません。

自分の成績が悪くなったり来たり、成績良くなったりすると管理するマネージャーと仲良くなってくる人が多いです。

そういった場合にあなたがサボり魔だとチクる営業マンが出てくるのです。

裏切りがなくても、仲間意識ができて必要以上にサボる事にもなりかねません。

自分がサボりをよくするのは、他の営業マンにも絶対に伝えないほうがいいでしょう。

自分がサボり常習犯だと、他の営業マンに知られてはなりません。

サボりがバレないシチュエーション

サボり用の場所を他の営業マンとかぶらないようにしなければなりません。

自分だけの場所というものを手に入れるのです。

最も適しているのは自分の家かもしれませんが、先ほどもご紹介した通り、音でばれる可能性が非常に高いです。

ただベランダがあったりして、すぐに外に出て電話が出れるであれば、自分の家でもいいでしょう。

また電話が出にくい場所も危険です。

よく漫画喫茶でサボり中の人がいますが、漫画喫茶は電話を出ることが非常に難しいため、あまり適していません。

もし漫画読みたい本があれば、コミックレンタルなどして自分の営業車の中に積んでおいたほうがいいです。

営業マンのための最強のサボり場所とは

最も最適なサボり場所は、営業車です。

他の営業マンもいないような駐車場に止めて、車の中で過ごすのが最強です。

サボりかたを極めた営業マンは営業車の中にサボりグッズを詰め込み、誰も来ないような公園の駐車場に潜んでいます。

公園でのサボりを推奨している記事もありますけど、正しくは公園の「駐車場」ですよ。

車にたっぷりと詰め込んだサボりグッズを駆使して時間を潰すのです。

営業車の中にパソコンを持ち込んで、お金稼ぎにいそしむのもいいかもしれません。

【ココナラで稼ぐ方法】何もスキルがなくても余裕でした。
自分のスキルや知識をワンコインで売れるサイト「ココナラ」。 ココナラは稼ぐのはカンタン!いや、稼ぐのは不可能! そもそも...
ブックメーカーでの「転がし」を1年間続けてみた結果
ブックメーカーをやっている人は一度は聞いたことがある「転がし」ですが、この転がしは実際成功するのでしょうか?恥ずかしいことにブックメーカーで...

携帯のGPSで監視されていなければ、これが最強のサボり方といっても過言ではないでしょう。

まとめ

以上、営業マンのサボりかたについてご紹介してきました。

サボりをしない営業マンなんてこの世には存在しません。

どのようにしてうまくサボりをするのかが重要なのです。

会社側もサボりをせずに真面目に働き続けている営業なんていないことを知っています。

できるのであれば知らぬふりをしたいのです。

会社にバレぬよう、上手にサボって有意義なサボり時間を楽しんでください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする