誰でも簡単にできるオフィス365を無料で使い続ける方法

MicrosoftのオフィスといえばWord やExcel やPowerPoint などビジネスをしている人にとっては、必ず必要なソフトです。

会社員ならば、会社から仕事を持ち帰るとき会社の資料がMicrosoftのWordやExcelであった場合、自宅のパソコンにそれらがなければ作業することができません。

今回はそんなマイクロソフトのワードを無料で使う方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

マイクロソフトのオフィスは必須だけど高い

また自営業なのであればWordで資料を作ることも多いでしょうし、Excelで帳簿のつけてる人もいるかもしれません。

そう、早い話がMicrosoft Officeは必須なのです。しかしMicrosoft Officeはとにかく高い。

パソコンを買うときにこのMicrosoft Office がついてくると値段がぐんと跳ね上がったりします。

ヤフオクでパソコンを落とす時もOffice はついてくると一気に高くなりますね。

どうにかOfficeをなんとかタダで手に入ることはできないかと画策している人は多いのではないでしょうか。

代わりのヤツらは結局本家には勝てない

類似商品としてキングソフトのOfficeがありますが、機能が足りず。

さらに、無料のオープンオフィスというソフトもありますが、これもまた今ひとつ。

開けない資料があったり、文字化けや表示ズレがあったりと使い勝手が悪いです。

どうにかしてOfficeに手に入れる方法はないのかと画策した矢先。辿り着くのはおそらくOffice Online でしょう。

これは最近提供され始めた無料のOffice。インターネット環境とMicrosoft アカウントさえあればタダでOfficeができるというものなのですが、これにもまた難点があります。

インターネット環境が悪ければWordの変換や入力が死ぬほど遅いのです。

さらに、Wordには校閲機能がありませんし、Excelも一部の機能が制限されています。

オフィス365を無限に無料に使う方法

こうなればもうOffice を買うしかないのかとなりますが、まだ手は残されています。

それはオフィス365を1ヶ月間無料で使えばいいのです。

オフィス365はインストール式のソフトになるため、インターネット環境によって動作が遅くなるなどのものはなく、Wordの校閲、Excelのマクロなど必要な機能は全て揃っています。

ただしこれをダウンロードするためにはクレジットカードが必要なのです。

クレジットカードを登録し、1ヶ月たった後は自動で引き落としされる仕組みになっています。

自動更新の防止はできるため、そこまで恐れる必要ないのかもしれませんが、もし忘れていたのであれば1ヶ月につき1000円近く引き落としがあります。

困った時のVプリカ

どうしても無料でやりたいと画策しているなら、無料期間が終わればもう一度アカウント取り直して、再度オフィス365をインストールすればいいと企てている人もいるでしょう。

ですが一度登録したクレジットカードはもう二度と使えません。では、どうすればいいのか。

コンビニで提供している「V プリカ」というクレジットカードもどきの商品を使えばいいのです。

Vプリカは1000円から発行することができます。コンビニでV プリカを使ってオフィス365をダウンロードしましょう。

コンビニで買った1000円分はアマゾンか何かで使い残り、1円でも残っていればオフィス365では登録されます。

1000円残りプリカを買ってそのまま1000円持っていれば、オフィスで引き落としされますので、すぐに使うようにしたほうがいいでしょう。

さらに便利な「バンドルカード」が登場

Vプリカよりも便利なサービスが登場しちゃいました。その名も「バンドルカード」。

Vプリカはいろいろと制約がつよくなってきて、使い捨てがしにくくなってきました。代わりに使えるのが「バンドルカード」です。

手間いらずですぐにクレジットカードの番号が発行できます。Vプリカのように1000円払う必要もありませんし、コンビニにいく必要もありません。

オフィス365のためのクレジットカードを用意するなら、「バンドルカード」をぜひ試してみてください。

まとめ

どうしてもOfficeを快適にタダで使いたいという人のための最終手段をご紹介しました。

オフィス365の機能はOffice 2016と同等で非常に使い勝手が良いです。

オープンオフィスやKINGSOFT やOffice Online で満足いかない人はぜひ試してみてください。

やっぱりなんやかんや純正のオフィスが一番使いやすいですよね・・。

無料や低価格とひと味ちがう。無料で使うシリーズは他にもこんな記事を書いてます。ご一緒にどうぞ。

今日中にもう1つの電話番号を無料で取得する方法
自分でビジネスをやっているとプライベートの電話番号以外にもう一つ番号が欲しくなることでしょう。もう一つの電話番号を取得ための方法はたくさんあ...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする